豊胸治療の歴史と今後の展開について

乳房を大きく膨らませる豊胸治療は美容整形の代名詞とも言えるほど広まっていますが、その歴史は医療技術の進歩と密接に繋がっています。意図的にボディラインを変える行為なので、安全性を第一に考える必要があったためです。

また、アフターフォローがいかに重要であるかも見直されています。安全に理想のボディラインを保つためにも豊胸治療の歴史について学びましょう。

豊胸治療が広く普及した理由

豊胸は胸部に異物を入れて膨らませる行為です。医療技術が未熟だった時代は衣服に詰め物を施して乳房を大きく見せていましたが、裸になると効果が無くなる欠点がありました。やがて、医療用のシリコンやパラフィンといった柔らかい化合物が作られるようになると、その柔らかさを利用して人工の乳房を形成させようとする豊胸治療が始まったのです。

初期の豊胸治療はシリコンなどの化合物を注射器によって胸部に直接注入する方法でした。当時は異物を体に入れることによって体にどのような影響が及ぶかが分かっていなかったため、消毒すらされていない化合物を注入することが普通に行われていたのです。

また、体内に入った化合物が変質して固くなってしまうトラブルが続発し、柔らかい乳房を人為的に作るという目的には至りませんでした。異物を直接注入する豊胸治療は1950年代に始まりましたが、健康被害が続発したことから豊胸という行為そのものが一時的に廃れました。

しかし、シリコンを医療用のパックに封入したものを胸部に入れる外科治療が行われるようになったことで再び豊胸治療が普及するようになったのです。従来の注入式治療よりも安全であり、シリコンが固くならないことも理由のひとつですが、当時の人気女優がシリコンパックを使った豊胸治療を受けていたのが大きく影響していた事実を無視することはできません。

あの女優と同じボディラインになる、というイメージができ上がったことにより、シリコンパック式の豊胸治療は広く普及したと言えるのです。

安全に関する事柄が軽視されてきた問題について

豊胸手術は手軽に乳房を膨らませることができる美容整形として広く普及している一方、体への悪影響が軽視されていたのも事実です。豊胸治療が行われた当初は医療行為そのものの歴史が浅く、異物を体に入れるとどのような影響を受けるのかが不明だったという事情があります。

しかし、様々な健康被害が明るみになってからも問題のある方法で豊胸治療が行われてきたことは無視できない問題です。これは豊胸治療をはじめとする美容整形は医療行為と扱われなかったのが大きな理由です。健康を保つための医療行為ではない美容整形については体への影響を考えなくても良いという風潮があったのです。

結果として、美容整形に関する安全管理は長らく無視されてきました。現在では厳しい基準が決められ、それに沿って治療が行われています。しかしその陰で安さや早さを謳い文句に安全性を無視したインチキ治療が未だに行われているので注意しなければいけません。

また、日本では行われていない危険な豊胸治療を受けるために外国を訪れ、後に重大な健康被害に見舞われるケースもあります。

豊胸治療の進歩と体調管理の重要性

シリコンパックを胸部に入れる行為は豊胸治療の代名詞となっているほど広く普及している方法です。手軽にできるうえ、乳房の柔らかさを再現できるのが大きな魅力ですが、それでもまったくの無害で安全というわけではありません。

異物を体に入れるという意味ではシリコンを直接注入する方法と変わらない他、医療用とはいえ石油を原料にした化合物を用いるのは体に良くない影響を及ぼすためです。豊胸用の素材の安全性については石油系化合物とは性質が大きく異なる生理食塩水を封入したパックを使う方法もありますが、封入用のパックが石油由来の素材であることから根本的な改善策とは言えません。

どのような素材であれ異物を体に入れると体調不良に陥るリスクが増大する点が問題視されてきたのです。そのような状況において、豊胸治療を受ける患者自身の脂肪を切除して胸部に移植する方法が開発されました。人の体は入り込んだ異物を排出しようとする機能がありますが、場所は異なっても自分の体を形成した脂肪なら安全です。

この点を利用し、従来の豊胸治療の問題点であった、異物の挿入による体調不良を回避することが可能になったのです。また、本物の脂肪を使っているので柔らかさは乳房とほとんど変わらず、触っても人工物のような違和感が無いのもメリットのひとつです。

健康を損なう心配が無くリアルな質感を再現できるのが魅力的ですが、その一方で脂肪を切除した部分に凹みができてしまう欠点もあります。場合によっては複数の部分を切除することになり、それだけ体への負担も増えるので注意が必要です。

豊胸治療の費用の詳細

豊胸治療は他の美容整形と同様に、医療保険が適用されない審美治療です。そのため、費用のすべてを患者が負担することになります。出費が高額になるので注意しなければいけませんが、審美治療は病院側が料金を自由に設定できる特徴があります。

そのため、同じ豊胸治療でも病院によって支払い金額が大きく変わるのです。現代の日本では豊胸治療の安全性だけではなく、明朗会計を謳う所が増えていますが、これは豊胸治療の費用の内訳が不明瞭だった事情があります。

使用する薬剤やシリコンパックなどの価格は病院ごとに違うのが理由ですが、不当な高額請求を行う悪質な病院が存在していたこともありました。

そのため、費用の内訳を明確に提示することで誠実な運営を行っていることをアピールする必要が生じたのです。

豊胸治療後の体調管理の必要性

豊胸治療は乳房を膨らませてそれでお終いではありません。でき上がった乳房の形や体調を良好に保つことも豊胸治療の一環なのです。初期の豊胸治療では術後のケアという考えそのものが存在していなかったこともあり、乳房を作ってもすぐに形が崩れたり体の具合が悪くなるケースが多々ありました。

しかし現在ではアフターフォローの必要性が認知され、病院側も豊胸治療後の定期検査を行うようになっています。また、体調管理は豊胸治療を受けた患者自身の責任でもあります。そのため、乳房を大きくすることを検討する際は術後のケアも併せて考え、体に不具合が起きないように気を配ることが大切なのです。